家庭でも定期的に手軽にできる調理器具のメンテナンス法

調理器具はマメなお手入れで安全に末永く使おう

焦げ付きは軽いうちに落とす

食材をうっかり焦がしてしまうと困るのが焦げ落としではないでしょうか。
鍋によってはコーティングが剥げてしまうので力任せにゴシゴシと洗う訳にはいかず一苦労です。
食材が直接入る内側は焦げたり汚れたりしたら、その都度頑張って洗っているかもしれませんが、外側の部分は意識して毎回洗っているでしょうか。

食品が直接触れるわけでないし、焦げていても気にならない部分かもしれませんが、放置して使い続けていると、火の通りが均一でなくなったり熱の伝導が悪くなる原因になります。

あまり真っ黒になってからの焦げ落としは大変です。
よっぽど根気がないと出来ないので、手に負えなくなる前にメンテナンスをするとメンテナンスも楽ですし長持ちさせる事ができます。

素材に合ったお手入れをする

フライパンや鍋類は素材も色々あります。
それぞれの素材に適した洗い方やメンテナンスがあるので知っておきましょう。

テフロン加工などのコーティングがされたものは空なのに強火にあてたり、スチール製のたわしなど堅い素材の物で洗うとコーティングに傷が付いたり剥げてしまいます。
焦げ付かないのが特徴の物なのに手入れを間違えると台無しになります。
コーティング部分は柔らかいスポンジを使って丁寧に洗い、水気はしっかり拭きあげるだけでも全然違います。

鉄や銅の鍋はメンテナンスが命と言われています。
銅の鍋は最初に沸騰させたお湯をいれて沸かす、このひと手間が大事だそうです。
なべの底の汚れはクレンザーかレモンに塩を少量付けて磨く方法があります。
鉄の鍋は最初の油慣らしを手間でも行い、使用後は鍋がまだ温かいうちに洗ってしまうのがベストです。
その際、錆を避ける為にも極力洗剤やクレンザーの使用は避けた方が良いそうです。