家庭でも定期的に手軽にできる調理器具のメンテナンス法

その他の調理器具

毎日使うまな板のメンテナンスは大事

まな板は衛生面を考えてメンテナンスはしっかりとしておきたい調理器具です。

食中毒の原因にもなるので出来れば生肉や生魚を切る物と他の食材を切る物で使い分けたいですし、メンテナンス面から考えると、生ものを切るまな板は水に強く消毒がしやすい素材が扱いやすいでしょう。

木のまな板は乾きにくく、表面にできた傷からカビが生えやすくなってしまうので、洗ったら水気を取ってしっかり乾燥させなければなりません。
洗い方のポイントは最初からお湯で洗わず、水とたわしで汚れをしっかり落とします。
この時点で汚れや匂いが気になるなら洗剤を使って洗いお湯で流すと良いそうです。
梅雨時や生ものを切って気になるなら、最後に熱いお湯をかけてから、しっかり拭いて陰干しをします。

出番が少ない物もメンテナンスをしよう

年に何回も使わない調理器具を使おうと思って出してみたらカビが生えてた何て事はないでしょうか。
キッチン周りはどうしても湿気がこもりやすいので、年に何回か使わなくても洗って乾燥させていつでも使えるようにしておくのが理想かもしれません。

やかんなどはキッチンに出したままで、お湯しか沸かさないからとサッと洗うだけという人も意外と多いのですが、パッと見た感じでは汚れは目立ちませんがよく見ると水垢で汚れています。
水垢も放置してしまうと頑固で落ちにくいので、使ったら洗剤を使って洗う方が良いですし、注ぎ口も水垢が付きやすいので細いブラシで洗います。

やかんも他の調理器具同様、水分を入れたまま放置は避けて、使い終わったら内側もしっかり乾燥させましょう。
洗ったら軽く火にかけると乾燥させやすいです。